肌綺麗になりたい!透明感のある肌へ美容・化粧水・健康・ダイエット

肌綺麗になりたい人へ美容方法!もう噂に振り回されない!

肌綺麗になりたい!透明感化粧品
美容成分を知ることで、安定的な美容ケアを行うことができます。
あなたに大切な美容成分を2つお伝えします。
【実行→体験→肌綺麗】のプロセスを実感してください(*'▽')

もう【なんとなく・・・この美容液を使用しています】なんてもうありません!
綺麗な肌にして「本当の自分らしく」キラキラな毎日がおくれますよっ(>_<)

 

あなたに伝えたい2つの美容成分

肌綺麗になりたい!透明感化粧品

 

ビタミンC誘導体

(アスコルビン酸・APPS)など

 

ヒト型セラミド

(セラミド2)

 

この2つの成分は、本当に効果的な期待ができるようです!

 

ビタミンC誘導体

【肌荒れ・キメ・ツヤ・シワ軽減・シミ軽減】

ビタミンC誘導体をご存じの方もいるかも知れませんね(´・ω・`)
この美容成分は、肌の角質層まで浸透する【ビタミンC】として、あなたの肌に【キメ・ツヤ・シワ軽減・シミ軽減】などをもたらしてくれるようです!

 

ビタミンC点滴

ビタミンC点滴がセレブの中で、美容として大人気です。壊れやすいビタミンCを直接「血管に流す」ことで、細胞全体が若返るような期待ができます。

 

ビタミンC特徴

ビタミンC誘導体とは、壊れやすいビタミンCを、コーティングし、さらに細粒子(角質層まで浸透が可能になった)にしたものです。

 

ヒト型セラミド(セラミド2)

【肌荒れ・潤い・ハリ・見た目肌若返り】

さすがにセラミド2のことは、あまり知られてないかもですね(´・ω・`)
ここはマニアな領域ですね。
肌の荒れ・潤い不足の原因は、セラミドの量で決まります!
(コラーゲンは少しです。よく間違われています)

 

Sponsored Link

 

番号

セラミドには様々な種類があり、その種類を【番号】で表します。あなたにお伝えしたいセラミドは【セラミド2】になります。

 

セラミド2効果

セラミド2は、肌への吸収率が高く、真皮(肌の奥)のセラミドの分子配列が似ていることから、短期的に効果が感じやすいものです。
【潤い・ハリ・見た目肌若返り】をあなたにもたらしてくれます。

 

 

※私がヒト型セラミドにこだわりがあるだけで、セラミドは【セラミド1・2・3】はとても良い成分です。
【セラミド4以降〜】はわかりません?です。

 

肌の深層に浸透する成分は少ない

下記のように【ビタミンC誘導体・セラミド・アミノ酸】の3つの成分が肌に浸透する成分といえます。
その中でも【ビタミンC・セラミド】は、重要な美容成分といえます!

美容成分・分子図(おおよそ)

 

美容液の見方

肌綺麗になりたい!透明感化粧品

美容液には、【成分表示】が義務化されています。

成分表示の見方

美容液の裏面もしくは、説明書に美容成分一覧が記載されています。

 

ここで学んで頂きたいのが、【左上から順に【→】読んで頂きたい】ということです。
左上から、成分量が多い順に記載されています。

 

つまり、「ヒト型セラミド配合」とキャッチフレーズがある美容液でも、「セラミド」が成分表示に記載されてなければ、【記載もできないほど微量しか入ってない】ということ。「だまされるとこだったぁぁぁ( ゚Д゚)」なんてオーバーな例ですが。
また逆に左上から一段目や二段目に「セラミド2」と記載されていれば、【多くセラミド2が入っている】とわかります。

 

 

ビタミンC誘導体・ヒト型セラミドは科学の結晶

この2つの成分は、まさに美容の為に研究されてきた成分です。本来ならすぐに手に入らない成分を美容液・化粧水にできたのです。

ビタミンCプロセス

通常ビタミンC
粒子がデカく・壊れやすい

★科学の力

ビタミンC誘導体
粒子が小さく・丈夫!
※角質層まで浸透

セラミド2プロセス

天然セラミド2
国産馬などしか取れず高価なモノ

★科学の力

ヒト型セラミド2
人工的に造ることができ、安価にできるようになった。
効果は国産馬に負けず劣らず!

 

 

その他美容概要

肌綺麗になりたい!透明感化粧品

覚えてほしいことがあります!
それは、コラーゲン・ヒアルロン酸・グリセリン・ビタミンC(通常)は、決して肌の角質層には浸透しません!

 

浸透しない成分

コラーゲン

(肌に塗っても浸透せず意味なし)

ヒアルロン酸

(保湿good)

グリセリン

(保湿good)

ビタミンC

(肌に塗っても浸透せず意味なし)

Sponsored Link